恋愛の悩み

【恋愛】好みでない、タイプじゃない、嫌いな人ばかりから好かれる原因と解決する方法

自分が好みの異性や、この人いいなぁと思った人からは好かれたり縁ができず、なぜか自分の好みでないタイプの人や、恋愛対象に入ってないような人ばかりから好かれたり言い寄られる、そういった悩みを持っている人へ、その根本的な原因と解消する方法をお伝えします。

これからお伝えすることをきちんと理解して正しく取り組むことができれば、素敵な人や自分の好みの異性から好かれて、楽しく幸せな恋愛ができるようになっていくでしょう。

実は、あなたと縁が出きて、あなたを好いてくる異性は、あなたにピッタリの人なのです。

「ええ!?そんな・・・」と思ったかもしれません。

"あなたにピッタリ"というのは、"あなたが無意識下で自分にピッタリだ、相応しい"と思っているという意味です。

あなたは、あなたが嫌っているようなタイプの異性が自分にとって相応しいというような信念を無意識に持っているのです。

その信念とはどういったものでしょうか。それは、例えば「自分は価値のない、魅力が無い人間だ」といった信念です。

つまり、無意識に理想の素敵な人が自分なんかを好きになるはずがない、釣り合わない、相応しくない と思ってしまっているのです。

人間の脳には、潜在意識(無意識下)で信じている情報を命令として受け取り、信念通りのことを人生の中で体験として呼び寄せようとする働きがあります。他人の信念を無意識に察知してそのように扱おうとする習性があります。

例えば、無意識下で強く「自分には価値がない」と信じていると、脳はそれを命令として受け取って、価値のない人として振舞ってしまいます。自身が持てず、オドオドしてしまったり、人に嫌われないようにと自分を作ったり、無理に人に合わせたりします。そうすると魅力的な人から好かれず、「この人なら付合えるかも」と自分に自信がいような人から好かれたりして、「やっぱり自分には価値がない」と感じるような体験をするといったことになるのです。

他にも、好みや恋愛対象の異性からは好かれずに、嫌いな相手や好みでない異性"ばかりから"好かれる人は、次のような信じ込みがあったりします。

・自分には価値がない
・ありのままの自分を認められていない、愛せていない
・自分の本当の気持ちを偽ったり抵抗している(自分を大切にできていない)
・幸せになってはいけない、幸せになることに抵抗や罪悪感がある
・自分が嫌い、自己嫌悪をが強い
・素敵な人が自分を好きになるわけ無い
・素敵な人は自分には釣り合わない
・素敵な人を楽しませたり、対等に付き合える自信がない
・自己否定が強い
・容姿や性格などに強いコンプレックスがある
・嫌いなタイプの異性に言い寄られることに腹を立てたり、相手に嫌悪感を感じて強く嫌っている
・ありのままの自分を認められていない、愛せていない

そして、嫌いなタイプの異性ばかりから言い寄られると、嫌いなタイプの異性に言い寄られることを嘆いたり、腹を立てたり、言い寄ってくる異性を、強く嫌ったりするようになると思います。

これも、これをしているとますます嫌いなタイプの異性から好かれるようになってしまいます。

先ほど脳は信じていることを命令として受け取って引き寄せる機能があると述べました。

「どうして嫌な人ばかりから好かれるの!!?もう嫌!!」

このように嘆いたり、感情を抱くのは、どんなことを信じている人でしょうか。

それは「私は嫌いなタイプの異性ばかりから好かれています」と信じている人ですね。

脳は「嫌いなタイプの異性ばかりから好かれたいのですね、ではそれを体験させてあげましょう」と、ますます感じる現実を呼び寄せようとします。相手の脳も他人のセルフイメージを察知する機能がありますから、あなたに言い寄りたくなってしまうのです。

実際に嫌な人から好かれているかどうかというのは関係ありません。それが事実であろうが、そうでなかろうが、あなたがそう信じていればそれが命令として機能します。

「どうして嫌な人ばかりから好かれるの!!?もう嫌!!」
と言えば言うほど、脳はますますそのような状況を引き寄せようとするのです。こうして嫌いな人からばかり言い寄られてまた嘆く、というループに嵌ってしまいます。「私って男運が悪い」みたいに宿命のように感じてしまうのです。

「嫌いな人から好かれませんように」みたいに願うのは適当ではありません。これもまた「私は嫌いな人から好かれている」という信念があるからこそやるわけですよね。

では、先ほどとは逆に「なんで私は素敵な人ばかりから好かれるんだろ!?(ニヤニヤ ←嬉しいという感情」

このようなセリフや感情を抱く人はどのような人でしょうか。

「私は素敵な人から好かれています」と信じている人ですね。(現実にそうかそうでないかは関係ありません)

これも脳がどういう状況を引き寄せようとするのかもうお分かりですね。

嫌いなタイプの異性ばかりから言い寄られる現象をなくして、好みの異性と素敵な恋愛ができるようになるためには、先ほどあげたような、自分には魅力がない、価値がないなどの自己否定の信念各種

嫌いなタイプの異性ばかりに好かれる、言い寄られる、といった信じ込みを解消して書き換えることを行います。

好みでない、タイプじゃない、嫌いな人ばかりから好かれるのをやめるためのワーク

過去の何らかの体験により、自分には魅力がない、価値がない、
(自分など素敵な人から好かれる価値など無い)といった信じ込みを作ってしまっています。

そして「なんで自分が嫌な人ばかりから好かれるんだろう…」と嘆くことで「私は嫌な人からばかり好かれます」という信念になり、それをまた脳が命令として受け取って嫌な人から好かれるというループに陥ってしまっていたのです。

潜在意識にあるそういった信念や記憶を変更、無力化、手放しなどを行い、その信念や記憶から想起される感情を解放します。

目指すのは以下のような状態(無意識下でそう信じている状態)です。

・「自分は無条件で価値がある」と思えるようになる
→ 「自分には価値がある」と感じるような現実が引き寄せられる = 素敵な人から好かれる

・自分を認める、愛する
→ 自分は人から認められている、愛されていると感じる現実が引き寄せられる = 素敵な人から認められる、愛される

・幸せになることの罪悪感をなくし、今すぐ幸せになってよいと許可をする
→ 幸せだと感じる現実が引き寄せられる = 素敵な人との幸せな恋愛

・「私は素敵な人から好かれる」と信じ込む
→ 「私は素敵な人から好かれています」という信じ込み=脳への命令となり、素敵な人から好かれると言う現実が引き寄せられる

これらの潜在意識レベルで強く信じていることなので、表面意識で言い聞かせても

つまり、無意識では「自分には価値がない」強く信じたまま、表面意識で「自分には価値がある」と言い聞かせると、「価値がない」と信じているから、「いや、価値がある」と無理に言い聞かせているという状態になってしまうと、前提にあるのは「価値がない」なのでそれが現実化してしまいます。

なので、自己否定が強いなど、人によっては、なぜ自分は価値がないと思い込んでしまったのか、そのきっかけや理由を自覚して納得し、解放する必要があります。

取り合えずは、今表に出てきている、自覚できる、自己否定などの信念や感情を解放してしまいましょう。。

まずは、題材でもある「好みでない、タイプじゃない、条件の悪い、嫌いな人ばかりから好かれる」という信じ込みや、そこにくっついている感情を解放しましょう。

嫌いな人から言い寄られたりした時の事を思い浮かべてください。不快な感じがしたり、怒りや、どうせ自分など魅力がない、私に近づくな など様々な感情が湧いてくると思います。

それを抵抗せずに、自分はこのような感じを感じているのだと第三者視点であるかのように淡々と感じてみてください。

十分に感じたらセドナメソッドで感情を手放します。
セドナメソッドについての原理や詳しいやり方はこちら
次のように自分に問いかけてください。

自分が今感じている感情を持っていることを認めますか?
→ はい / いいえ

その感情を手放す事はできますか?
→ はい / いいえ

その感情を手放す事はできますか?
→ はい / いいえ

いつ?
→ 今(と心の中で強く唱える)

はい / いいえ とありますが、手放すのがどうしても絶対嫌だという意外は基本はい にします。

表面に上がってきていた、不快な気持ちがスーッとなくなれば成功です。まだ残ってそうな場合は同じプロセスを何度か繰り返してみてください。残っていても、もうやりたくないとなったら無理にやる必要はありません。

さて、あなたは好みでない人からとはいえ、異性から好かれるのですから、モテる要素は持っていると言えます。

しかし、あなたが潜在意識に持っている信念により、好かれる人の対象から「素敵な人」「好みの人」「理想の人」を排除するような命令になってしまっているのです。

それが「自分には価値がない」「幸せになってはいけない」のような信念です。

・自分には価値がない
・ありのままの自分を認められていない、愛せていない
・ありのままの自分は愛されない、大切にされない
・自分の本当の気持ちを偽ったり抵抗している(自分を大切にできていない)
・幸せになってはいけない、幸せになることに抵抗や罪悪感がある
・自分が嫌い
・自己否定が強い
・容姿や性格などに強いコンプレックスがある
・自分は汚れた存在だ

このような信念を持っていないかチェックしてみてください。

自己否定が強いと感じている人は、下記の記事を参考にして自己肯定感を高めましょう。

【超重要】自己肯定感を高くするには?自己否定の原因と改善する方法

あなたが理想とする恋愛を思い描いて、あなたが理想の相手と素敵で幸せな恋愛をしているところを想像してみてください。

制限をつけずに、相手はすべて理想通り、あなたの理想通りの事を言ったりしてくれるっているような

「自分にはそんな価値がない」「素敵な人から好かれるわけがない」のといった抵抗がでてきます。

罪悪感や恐れが出てくることもあります。

自分がどのような信念を持っているかが炙り出されてきます。

出てきた信念や感情は正直にすべて書き出してみてください。

次に、その信念や感情に対して、なぜそう思うのか、なぜそう感じるのかと自分自身に質問してみてください。

そうするとなんらかの理由が出てくると思います。

自由が出てこない場合は、何故か分からなぜか知らないけどとりあえずそう感じるということををメモしておいてください。

ほとんどの場合、過去に経験したこと(他人から言われたこと)などから来ています。

特に両親とも幼少期の両親との体験にいきつくことが多いです。

親から厳しく否定されて育ったために、ありのままの素の自分には、自分には価値がない、といった思い込みが作られてしまったりします。

親から罵倒されたり、学校でのいじめなども、受験などの失敗、挫折なども「自分には価値がない」という思い込みを作ってしまう原因になっています。

○○でないと価値がない
○○でないと愛されない
○○でないと幸せになってはいけない

これらは全て間違っています。

あなたは元々無条件で価値があるのです
無条件で愛されている(自身も愛そのもの)のです
何の条件もなく今すぐ幸せになってよいのです

何かを成し遂げたから、何かの能力や素質があるから、価値があるのではなく、

「無条件で価値がある」という無意識下の自信が、価値があると思えるような体験や自分を作っていくのです。

「愛されている」という感覚、自分を丸ごと愛しているという状態が、他人から愛されるという体験を引き寄せるのです。

「幸せだなぁ」という感覚が、それを象徴するような体験を引き寄せます。

何度も述べていますが、人間の脳は、無意識下で信じていることを命令として受け取り、体現したり、体験として引き寄せる働きがあるからです。

親や社会や学生生活などで植えつけられてしまった間違った制限や限定の価値観を、無条件で「○○でないと価値がない」 → 「○○でなくても(無条件で)価値がある」というように逆転させる必要があります。

要らない信念や感情を手放して、書き換えていきましょう。

次のようなワークを使います。
(各メソッドについては個別ページで詳しく説明しています。)

セドナメソッド

信念を作っている過去の体験の記憶と感情を書き換え、感情の解放

シータヒーリング
タイムラインセラピー

新しい価値感、信念を次のようなワークで植えつけていきます

アファメーション
イメージング
紙に書く
シータヒーリング
自愛

-恋愛の悩み

Copyright© Kokoro Happy.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.