本当の自分に、なりたい自分になるために

Kokoro Happy.com

心・性格の悩み 親・家族の悩み

親に愛されなかった人が愛で満たされる方法【幼少期の愛情不足を補う方法】

更新日:

幼少期に親から愛情を得られなかった人は、その後の人生に大きな影響を与えるといわれています。

その後の人生で、様々な経験をすることで克服できる人もいますが、多くの人が、悪い方、苦しい方へいってしまい、抜け出せず苦しんでいる人もいると思います。

普通に生活ができていても、なぜか心が苦しい、人から愛情を得ても満たされないという人もいると思います。僕も以前はそうでした。

愛されている感覚がない、そこからくる理由のない欠乏感、心の飢え、孤独感、寂しさ、不安感などが消えない、それにより人間関係や人生に悪影響を与えてしまうのは、幼少期に親から愛情を得られなかったため傷ついて満たされない子供の頃の自分が、無意識下にそのままになっていることに原因であることも多いです。

愛情を受けられずに、寂しい、苦しい思いをしたいる子供の頃の自分を癒して満たす方法について説明したいと思います。

親から愛情を得られないことで起こる様々な影響

幼少期に親から十分な愛情をもらえなかった、またはもらった感覚がないと、その後の人生体験で克服できずにいると、人によって出方が違いますが、おおむね次のような形で現れます。

親から愛情を貰わず(貰ってないと思い込んでいる場合も含む)に育つと、そうでない人と比べて、自己肯定感や自尊心が低くなってしまいやすいということが挙げられます。大人になってもそれを克服できずにいると、自尊心が養われずに心の上や苦しみが発生し、人間関係や人生の様々なことがうまくいきづらくなってしまいます。

人と接するのが苦手で上手に人と打ち解けられなかったり、自分に自信がなく人の目が気になり何も行動ができない

自分を大切にできずに、自暴自棄になったり、自分を傷つけてしまう

愛情に対する飢えを感じるため、愛情を得ようとして、無理して自分を作ったり、嫌なのに他人の言いなりになったり断れなかったり、いつも自分を押し殺して他人に合わせたりということをしてしまう。義務感でがんばってしまう。

人によっては、周囲の人から愛情を得ようとして過度な自己アピール、かまってちゃん、病み行為、過度に愛を要求する、愛が足りないと他人を責める、といった人から嫌われるような行動をしてしまう。

マウンティング、他人を否定したり見下すことで満たそうとする。

中には他人を思い通りに支配ようとしたり、他人を虐めたり馬鹿にしたり見下すことで心を満たそうとする人もいます。

基礎となる愛されている感覚がないため、他人から実際に愛をもらったとしても、それを素直に受け取ることができず、罪悪感を感じてしまったり、拒絶してしまったり幸せを壊してしまったりする人もいます。

「自分は愛されていない」という思いから生じる、劣等感や満たされない気持ちを満たすために、自分を犠牲にしてまで一生懸命人助けをしようとする人もいます。

愛情からではなく、恐れや満たされない気持ちを埋めるために義務感で人助けをしているため、人助けをすればするほど、裏では「自分は愛されてない人間だ」という劣等感が強くなり、我慢しているのでいずれ苦しくなって疲れ果ててしまいます。

今からでも、幼少期の満たされなかった自分を愛情で満たし、癒していくことで、愛されている感覚を取り戻し、心が満たされていき、それによって行動や人生が変化していきます。

実際には親から愛情をもらっているケースもある

愛情不足により苦しんでいる人の中には、親から愛情を受けていても、本人が愛されてないと受け取ってしまっている場合もあります。

1.愛されていたけど本人が愛されてないと受け取った場合
2.親が愛情表現をしなかった場合
3.親が間違った愛情表現をしていた場合

1は、実際には親は子供を愛していたけど、本人が勘違いや、一時的に怒られたなどの体験から、愛されてないと受け取ってしまったケースです。2は親が口下手だったり、感情を表現しない人で愛情表現をしなかったケースです。

僕も幼少期から親から愛されている感覚がなかったのですが、母が1、父が2のケースでした。

過去に退行していくワークを行ったところ、当時母親がまだ若く、お見合いで結婚して知らない土地に嫁いできて、産むのがとても不安に感じてしまって、一時的にやっぱり生みたくないみたいに思ってしまったようだというのが分かりました。また、当時の母は、引っ込み思案で人目を気にしておどおどしていたり、神経質でルールに厳しく、そういったことも愛されてない、なんかよそよそしいと感じてしまっていたようでした。

母親のお腹の中にいるときでも、胎児は母親の感情を感じ取ったり、周囲で聞こえてる声などを理解しているということが研究ではわかっているそうです。なので、妊娠中に母親が不安になっていたり、夫婦喧嘩をしていたりすると、自分は望まれてない子なのだと思い込んでしまうことがあります。

大人になってみれば、愛されていなかったのではないということが理解できますが、何も分からないまっさらで純真な子どもにとっては、強烈なショックを受けてしまうことがあります。僕自身も大人になって頭では分かっているけど、愛されてないという感覚だけが残っていました。

僕の父は、不器用で感情をあまり表に出さず、まじめで寡黙な人でした。幼少期や思春期に会話をした記憶がほとんどありません。真面目で感情を表に出さず抑えていたようで、その反動でストレスなどが溜まってたまにそれが爆発して怒鳴ったりしていました。

会話もコミニケーションもない、何を考えてるかわからない、それでいて突然怒鳴る怖い存在、自分は父親から愛されていないのだ、と思っていました。大人になってから、ワークをおこなって今の視点から振り返ってみたところ、父はただ不器用で表現できなかっただけで実際には愛されていたのだということがわかりました。ワークで幼少期の自分にも理解してくれて、癒されて心の奥から父と和解することができました。

3の"親が間違った愛情表現をしていた場合"というのは、過干渉や溺愛なこともあれば、まれに暴力や虐待もこれに当たるケースもあります。

親が愛情表現として暴力をふるっていることもあるのです。

そのような場合は、親もまたその親からは虐待を受けていたことが多く、虐待を受けるときに「お前に対する愛情(愛の鞭、しつけ)で殴ってるんだ」と言いながら暴力を振るわれることで、愛情=暴力という信じ込みが無意識に入ってしまうことがあります。

そういった信じ込みが無意識に入っていると、子供ができて子供を愛そうとすると無意識に手が出てしまうという人がいます。

そうすると子供もまた暴力=愛情と思ってしまい、連鎖したり、自分が暴力を振るわなくても、DV癖のある男性を無意識に好きになって付き合ってしまうこともあります。意識では暴力は嫌だけど、暴力を振るわれると愛されているというどこか安心感を感じて、離れようとしなくなってしまうのです。

こういった場合は、親の愛情表現が間違っていたと気づいただけではなかなか癒されるのは難しいと思いますので、ワークなどで自分を癒していきます。

大人になって様々な人生経験をしたりして、親から愛されてなかったのは勘違いかもと頭でわかったりして自然と親と和解することもありますが、頭では分かっていても、無意識の中の幼少期の子供の自分が「自分は愛されてないんだ」と傷ついたまま取り残されている場合が多くあります。

心理ワークを用いて、無意識の中に傷ついたままの状態で置き去りになっている子供の自分を癒して、愛情で満たしてあげることを行います。

すると、傷ついてる子供の頃の人格が癒されて満たされるので、愛されてないという感覚、理由のない欠乏感、心の飢え、孤独感、寂しさ、不安感などがなくなっていき、それにより起こっていた人間関係や人生における様々な問題も解消へ向かっていきます。

愛されなかった自分を癒し、愛で満たされるためのワーク

自分が持っている信じ込みを洗い出す

まずは自分が両親から愛されていないと感じることに関連して、持ってしまっている信じ込みがどのようなものなのかを探り、明確にします。

紙を用意して次の質問の答えを書き出してください。

質問1.なぜあなたは両親から愛されていないと感じるのでしょうか?その理由をあげてください。

質問2.あなたが両親から愛されていないと感じた、具体的な出来事や状況を書き出して下さい。

質問3.質問1、2で書き出した各答えに対して、もしかしたら勘違いや思い込みだったのかも、親が表現をしていなかっただけなのかも、親が愛情を間違って捉えていたのかもということがなかったのかを、一つ一つ考えて、何かでてきたら答えの横や下などに書いてみてください。

今の成長したあなたは、さまざまのことを経験して親の立場になって考えることができる人もいると思います。

当時の親の立場や置かれていた状況、気持ちなどを想像して考えてみてください。

もし抵抗が無ければ、プラスの視点に置き換えられるものがあったら置き換えてください。

例:叱られた → 自分のためを思って言ってくれた

例えば、「幼少期に遊んでいたら怒鳴られた」
→仕事や家事や子育てが大変でついイライラして怒鳴ってしまっただけかもしれない。

「両親が昼間働いていていつも家で一人で寂しい思いをした」
→自分を育てようとして一生懸命働いてくれていた。それは愛情ではないだろうか。

「頑張ったのに誉めてもらえず、できない部分の駄目出しばかりされた」
→親も親や学校からそのような教育を受けて、これが教育だ、これをすることで子供は立派になるのだと思い込んでしまっていたのではないだろうか。

このように一つ一つ考えて書き出してください。

感情的には、そんなの身勝手だ、ふざけるな、むかつくと思うかもしれませんが、頭でそうだったのかもしれないと思ったら書き出してみてください。

どうしてもできないという場合は無理にやらなくてもかまいません。

酷すぎる毒親や虐待、ネグレクトなどで、親の気持ちなど理解したくもない、1ミリも愛情などもらっていないと感じる場合はこの項目(質問3)はやらずに飛ばしてもかまいません。

質問4.あなたが子供の頃に両親から愛されていたかもと感じるような具体的な出来事や体験、状況を書きだしてください。今まではそうでないと思っていたことでも、そうかもしれないと思ったらそれも書いてください。全くないという人は無しでかまいません。

例えば

風邪をひいた時に看病してくれた
行きたかった遊園地に連れて行ってくれた
毎日お弁当を作ってくれた

など、これは愛情をもらった体験かもと思ったことを何でもよいので書いてください。

もし、育ててくれたこと自体が愛情だと思ったならばそれを書いてください。

質問5.子供の頃に両親にしてほしかったこと(したかった、言って欲しかったこと)、こんな親だったらよかったのにと思うことを書き出して下さい。

大人になると、例えば、親に甘えたかった、抱きしめてほしかったとかは、意識で恥ずかしい、みっともないと感じて、そんなこと望んでいないと思ってしまうかもしれません。

もし、そのような場合は、親ではなく、自分が好きな人、好きな芸能人、架空の理想の人物でも、アニメとかのキャラクターでも、好きな人としたい、されたい、言ってほしいということも考えてみてください。

それが、あなたが親からもらえなかった、またはもらえなかったと感じている物であることも多いです。

好きな人に思いっきり甘えたいという感情があるときは、子供の頃に親に思い切り甘えられなかったというところからきているのかもしれません。

人間の脳は、思い込むとそれを証明したがる習性があります。愛されてない、と思い込むと、愛されてない理由にばかりフォーカスし、愛されていると思うようなことは見ないようにしたり、否定したりしてシャットアウトしてしまいます。紙に書き出したことを見て自覚することで、愛されていたのかもしれない、と思えるようになると、今度はそちらをフォーカスするようになります。

次は、紙に書き出したことを元にして、記憶や信念を処置して手放したり、過去の自分を癒したり、できなかったことを補ったり、愛情を注ぐことで満たされていくためのワークをおこないます。

幼少期の自分を癒して、愛情を注ぐワークの概要

あなたの中には、傷ついたままになっている子供の人格(愛されなかった子供の頃の記憶)が、無意識の中にそのままになった状態にあります。その子供の自分を今の自分が癒し、自分の愛情で満たしていきます。

人は、自分でしか自分を満たすことができないようになっています。

一見他人によって癒された、満たされた感じる出来事でも、他人がそれをしてくれた、言ってくれたことで、自分自身はこんなに愛されているんだ、価値があるんだ、と思えることで癒されたり満たされるのです。

親が愛してくれていても愛されていないと受け取っていたケースもあるように、自分の受け取り方によって満たされるのです。

傷ついた子供の頃の自分の人格は無意識の中にあるので、普段の生活してるときは、意識と無意識の間に壁ができていてなかなかそこまで届きません。

ですので、催眠状態になって癒したり、理解してもらったり、愛情を送って満たしていきます。催眠状態というのは特別なものではありません。リラックスしてボーッとしている時、布団の中で眠る前のウトウトしてるようなような状態のことです。そのような状態だと意識と無意識の間の壁が薄くなります。

・両親に関する過去の嫌な記憶を、記憶の内容の変更、記憶の無力化、意味付けの変更、今の成長した自分で気づきや学びを得て昇華させる

・イメージの中で子供の自分が親と対話をする

・傷ついた子供の自分と対話して癒し、愛情で満たす

といったことをおこないます。

両親との嫌な体験の記憶を無力化してしまう方法は、いつまでも過去の嫌な記憶にとらわれてしまう、と言う人が過去の記憶と決別するのに効果的です。

人間の脳は、実際に体験したことと、感情や臨場感を伴って今体験してるものとしてイメージしたことに区別を付けることができず、実際に体験したものとして扱われます。

催眠状態になって過去に遡り、両親に関する過去の嫌な記憶を、記憶の内容の変更、記憶の無力化、意味付けの変更、今の成長した自分で気づきや学びを得て昇華させたりします。

幼少期の両親との関係をやり直すワーク

ワークの流れを説明します。タイムラインセラピーの手順で、リラックスをしてイメージの中で過去に遡り、産まれたばかりの自分になった場面を思い浮かべます。

両親の言動が全てが理想の状態としてイメージします。

理想の赤ちゃんの場面、幼児の場面、幼稚園、小学校、中学校とイメージしながら成長していきます。

特に当時の幼少期の両親からして欲しかったことや言ってほしかったこと、一緒にやりたかったことをしたり、甘えたり一緒に遊んだり、行きたかったなどに行ったりする場面をイメージします。できるだけ今体験しているような感情や臨場感を伴ってイメージしましょう。

いつも勉強させられて、頑張ってもうダメだと否定されたのをやり直したければ、がんばったねと誉めてくれて、勉強だけじゃなく自分の好きなことも自由にさせてもらえた、その当時にできなかったことをしている場面を、その喜びや楽しさを臨場感や感情を伴いながらありありとイメージをしてみます。

もし、どうしても実際の両親から愛されている場面など想像できない、あんな両親から愛されたくないと感じる人は、実際の両親ではなく、想像上の自分の理想の両親から生まれたとして、イメージしてください。

脳に記録されている記憶からくる「両親から愛されなかった」「両親から否定された」という信じ込みが、今のあなたの状態を作っているので、記憶を書き換えると今が変わります。

詳しい実践手順はこちらのタイムラインセラピーの記事を参考におこなってください。

もしこのようなことをするのは無理だと思ったら無理にやらなくても構いません。

両親との対話

対話と言っても実際に両親と対話をするのではなくイメージの中で行います。

幼少期の頃は、両親に言いたいことをいえなかったり、何も分からないまま両親の言うことは絶対だと従っていたりしたと思います。それにより傷ついてしまっている子供の自分を癒して生きます。

例えば、小学校の時に強制的に勉強をさせられ、できないと否定されて怒られた体験から、親が嫌いになり「自分はどうせダメだ」と考えるようになってしまい、今の人生に影響を与えているとします。

当時の自分では逆らえず嫌々従っていましたが、今であればまた違った対応ができたと思います。今の成長した知識や経験があるあなたの状態で、幼少期の自分に戻って両親との対話を行います。

タイムラインセラピーの手順で催眠状態なってリラックスして、幼少期まで遡り、当時の小さい頃の自分になり、目の前に両親がいるようにイメージします。

当時の両親に対して言えなかったこと、本当はああして欲しかった、こうして欲しかったということをイメージの中で伝えます。

小さな幼少期の自分では言いづらい場合は、今の成長したあなたが幼少期の自分の傍に寄り添って、安心して言いたいことを言って良いと言う形にしたり両親に言います。

小さい頃の自分が親と話したくない、怯えてしまって両親に強くて言いづらいという場合は、両親の親、両親が尊敬している人物、あなたが尊敬している人物、ヒーローや好きな芸能人などに付き添ってもらったり、代わりに言ってもらったり、ということでも構いません。

両親の親や、自分の好きな歴史上の偉人、大人物とかに両親を叱ってもらってもかまいません。

例えば、あなたが小さい頃に頑張ったのに誉めてもらえず、できない部分の駄目出しばかりされたことに対して、両親の親や歴史上の偉人などに「せっかくがんばったのにダメ出ししたらかわいそうじゃないか!この子がどれだけ傷ついてるのか分からないのか!!」とか叱ってもらったりします。

対話ではなく、スッキリするまでコテンパンにやっつけてもらってもかまいません。やっつけるのはカラッと一度だけやってスッキリして終わりにすることが大切で、何度もネチネチとやると恨みみたいのが余計に増大してしまうことがあるので注意してください。

やっつけるのはかわいそうだという人は、冷静に両親に伝えてもらうのでもいいですし、その辺はあなたのさじ加減でおこなってください。

そうすると、イメージの中の両親から何かの返答があったりします。

「あの時は気付かなかった、未熟だった、本当にごめんね」と言う言葉が返ってくることもあります。

これは、自分自身が深い部分で両親と和解して、癒されてきたことでこのような言葉が返ってきたように感じたりするのです。

スッキリした、満足した、癒されたと感じたら、現在まで戻って覚醒します。

不思議なのですが、両親にも伝わっているのか、実際の両親が変化することもあります。

もし、両親と実際に話すことが抵抗なくできるのであれば、実際に両親と話すということもできます。

両親を責めるのではなく、子供の頃の自分の気持ちを淡々と伝えるということです。

手紙に書いて渡すというのでも、きちんと自分の言いたいことを の状態で文章として書いて伝えられるので効果的です。

詳しい実践手順はこちらのタイムラインセラピーの記事を参考におこなってください。

虐待、ネグレクト、酷い毒親などで強いトラウマを持ってしまっている場合

このような場合は、親を許したり、イメージの中で和解するのが難しいと思います。

そのような場合は、後述のやり方で過去の親との嫌な体験の記憶そのもの無力化してしまいます。

また、日常的にバタフライハグをおこなってトラウマを解消していきましょう。

記憶を無力化する

記憶は、自分にとって重要な記憶とそうでない記憶に分かれています。

例えば、日常の歯を磨いたり、風呂に入ったりといった場面の記憶は、すぐに忘れてしまうし、何の意味付けもないので、思い出しても何の心理的な影響もないと思います。

両親から虐待されたなどの記憶は、強い苦痛や恐怖心を伴いますから、重要な記憶として脳に記憶、処理されてしまっています。思い出すと苦痛が湧いてきたり、何か想起させる場面に遭遇をしたり、何か行動をする時に恐怖を感じてブレーキがかかってしまったりします。

それを重要でない記憶に変化させてしまいます。

過去の両親との係わり合いでトラウマになっているような記憶があったら記憶を無力化してしまいましょう。

嫌な体験の場面を1枚の写真のようにイメージしてみてください。

写真のようにイメージできなければ、何か暗くてモヤモヤとしたものとか、黒くてドロドロしたものとか何か感じたものをイメージしてく見てください。

そのイメージを

明るくしたり、暗くする
色を合いを、赤、青、黄色、緑などいろいろ変えてみる
拡大縮小する、大きくしたり小さくする
ぼかしたり鮮明にする
回転させる

などしてみてください。今まで固定されていた記憶がそうでなくなってきます。

そしてイメージしたものを、イメージの中で爆弾で粉々に破壊したり、バラバラに破壊して粉々にしてしまったり、切り刻んで粉々にしたり、宇宙の果てに投げ捨ててしまいなどして消滅させます。

そして、自分の気持ちにどのような変化があったのかを感じてみます。嫌な気持ちが薄れてスッキリしたりしたら成功です。時間差で数日、数週間して気づいたら嫌な気持ちがなくなっているということもあります。

もしまたその時の記憶が頭にちらついて苦痛が湧いてきたら、またそれを行ってください。

あまり、まだ残ってる?とか気にして何度もやると、引き戻されてしまったりするので、破壊して、終わり!というように宣言してしまいましょう。

虐待などの強烈な記憶だとすぐに手放すのは難しいかもしれませんが、うまくいくと、今までは「この記憶は自分にとってとても重要な記憶である」と認識していたのか、遠く忘れ去られて色あせた記憶や、何の意味もない日常の顔を洗ったとか道を歩いていたとかの記憶と同じように処理されるようになってきます。

トラウマのような、強いショックや苦痛を伴う記憶がずっと残っていると、脳がアンバランスになってしまい、不安や恐怖に対して敏感になってしまっている場合があります。それでフラッシュバックやパニックが起こったりします。

その場合、日常的にバタフライハグをおこなうことで、脳が整ってきて、不安や恐怖心を感じる回路が小さくなってきて、楽になってきますので、平行しておこなってください。

自分自身に愛情を注ぐことが重要

幼少期に親に愛されなかった分、今から愛をチャージして愛で満たすことをします。そうすると心が満たされて、ありのままの自分に根拠のない自信や安心感が湧いてきて、自分らしく生きることができるようになってきます。

満たされない愛情を他人に求めてしまうと、相手の言動に一喜一憂してしまい、精神が不安定になってしまいます。

実は人が愛を感じて満たされるのは、他人に愛されたからではなく、自分自身の愛情によるものです。

多くの人が、他人の愛情により満たされるのだと思っていますが、他人から愛情表現を受けることにより、「自分は人から愛されているのだ、自分は一人じゃないんだ、そんな自分は素晴らしいのだ」と思えることで、一体感や安心感を感じることで自分が満たされるのです。親からの愛情も同じです。親から愛情をもらうことで「自分は愛されている」「価値がある人間なんだ」「安心していいのだ」と自分自身に対してそう思えるから心が満たされるのです。

自分自身の愛で満たされるということは、実際には親が愛していても、子供が愛されてると受け取っていなくて傷ついてしまうケースがあることからも分かると思います。

実際に親や他人から愛情をもらったかどうかではなく、自分は愛情をもらっていると思っている、ということが重要なのです。

親に愛情をもらって育った人というのは、自然と自分自身の愛情で満たすことができる人なのです。

自分の愛情で自分を満たすと、イキイキとして自信がつき魅力的になり、それが他人に魅力的に写り、あなたのことを心から愛してくれたり大切にしてくれたり価値のある人間として評価してくれるようになってきます。

ありのままの自分自身を愛するようになる、自己肯定できるようになるためのワークを解説します。

自分を肯定するワーク

自分の良いところ、できることを、素晴らしいところ、なし遂げたことなどを100個書き出して下さい。どんなに小さなことでもかまいません。

自転車に乗れる
料理ができる
小学生の時に絵のコンクールで入選した

そしてそれができたことを自分は素晴らしいと感じて褒めてください。

脳は、小さくても肯定できることがたくさんあると受け取り、自分は素晴らしいと認められるようになります。

自分自身に愛情を注ぐワーク

普段の日常の中でも、何かをやったらその都度、労をねぎらったり、誉めたりといったことを習慣にしましょう。

自分自身を大切にする
自分を褒める
自分をいたわる、ダメ出しをしない、責めない
自分が心から好きなこと、楽しいことをする

ということを日常の中でおこなっていきます。

例えば、少し何かをしたら、えらいね、よく頑張ったねと自分でほめてあげます。

何かができなくても、ダメ出しをしないで、よく頑張ったよ、これからまた少しずつやればいいというように慰めたり、

もし自分を責めてしまっても、責めてしまうのもしかたないよね、と肯定してあげます。

無理をしている、疲れているなと感じたら休ませたりして大切にしてあげたり

あなたが、小さい頃の親にしてほしかったことや、他人からしてほしいことを、自分にしてあげるという感じです。

寝るときに、今日も一日お疲れ様、自分を労わって抱きしめるように、自分に愛情を感じながら眠りに付きます。

すると、やがて自尊心や自己肯定感が養われ、満たされて幸せが感じられるようになってきます。

愛されワーク

自分自身の愛で満たされるのが本質でも、他人からの愛情を感じないと満たされない(自分自身を満たすことができない)という人も多いと思います。しかし、なかなか他人から無条件で愛情をたっぷりもらうという体験は難しいです。

そういった場合は、イメージの中で自分の好きな人に思いっきり愛してもらうというワークをします。

好きな人は、実際にあなたが好きな人でも、好きな芸能人でもアニメのキャラクターでも、全く架空の理想の人物でもかまいません。

リラックスして、イメージの中で好きな人から、愛の言葉を言われたり、抱きしめたり、甘えたりしている場面をイメージします。

好きな人にしてもらいたいことは、、幼少期の頃に親からしてもらえなかったことであることも多いです。

例えば、好きな人に思いっきり甘えたいという欲求が強い人は、小さい頃に親に甘えられなかったのかもしれません。

その場合は、イメージの中で好きな人に思いっきり甘えてみてください。

第三者視点ではなく、今、自分自身が実際にそれを言ってもらっている、してもらっているということを感じて、相手の声やぬくもりなどをできるだけ五感を使って感じるようにして、その時に味わうような嬉しく満たされて幸せな気持ち、安心感などをありありと感じてみます。妄想にならないように注意しましょう。あくまで妄想ではなく現実なのです。

恥ずかしいとか、いい大人がとか、これは自分のキャラじゃないからといった制限をつけないようにしましょう。子供の頃の自分が欲していたことでもあるのですから。どんなことでも自分が言って欲しいこと、して欲しいことをしてみましょう。

○○ちゃんは十分に頑張ってるよ
そのままで大好きだよ
どんな○○ちゃんでも大好きだよ
そんなことないよ、そういうところも素敵だよ
心から愛してるよ
いつもがんばっていて偉いね

実際に言われてる声のトーンとか、息使い、抱きしめられているぬくもり、匂いとかそういったものもできるだけありありと臨場感を持って感じてみましょう。

そうすると、嬉しさや喜びを感じジーンと暖かくなって満たされた気持ちになってくると思います。今までずっと「自分は愛されていない」と思っていた人は最初は心の奥まで入らなかったり、抵抗があるかもしれませんが、だんだん受け取れるようになってきます。

脳は現実とイメージの区別が付かないので、臨場感を伴って実際に起こっているものとしてイメージすると、実際に「私は丸ごと愛されている」という信念が無意識に入り満たされます。

今の自分ではなく、幼少期の自分になりきって、好きな人から愛されて肯定されている場面をイメージして味わってみてもよいでしょう。

前の項目で、両親にしてほしかったことをしてもらうワークを取り上げましたが、大人になったあなたは、例えば両親に甘えたいと言っても、イメージの中とは言え、そんな事は恥ずかしくてできないという人もいるでしょう。

親ではなく、好きな人のイメージでならできるかもしれません。

このワークをおこなうことで、幼少期に両親から愛情もらって育った人のように、「自分は愛されるてる人間なんだ」という満たされた感覚が養われ、それによる安心感や自信が養われて行きます。

寝る前に布団の中でリラックスしてやってそのまま満たされた気分で寝てしまうのもよいです。

これはあくまで自己肯定感と自尊心を養い、自立した自分になるためにおこなうものなので、妄想のように依存や現実逃避にならないように注意しましょう。

実践の注意点

人間の脳には、恒常性という現状を維持しようとする働きがあり、変化しようとすると、今までの慣れ親しんだ自分に引き戻そうとします。

性格や考え方や習慣を変えるのが難しいと感じるのはこのためです。

変化していく過程で、抵抗や苦痛がでてきたり、愛されてないと感じる他人の言動や出来事が起こるかもしれません。

また、無意識に抑圧していた感情が解放される過程で表にでてきたりして苦しくなることもあります。

これらはあなたが溜め込んでいたものが一時的に表に出たり、現象化して昇華されていく過程です。

それでやっぱりダメだ、効果がないと思ってやめてしまうと元に戻ってしまいます。

そういう抵抗はあって当たり前なんだと思うようにしてください。今まで自分で溜め込んでいて見ないように抑圧していたのもで、いずれはどこかで清算しなければならないものですので、気にせずに淡々とやり過ごすようにしてください。

一気に変わる人もいれば、上がったり下がったりしながら、波を描きながら、一進一退しながら時間をかけて徐々に良くなっていくと言う人も多いです。

しばらくは好転反応のように辛いけど、数ヶ月経ってみれば、知らない間に変わっているということもあります。

辛い場合は無理をしないで、人それぞれ自分のペースでおこなってください。

-心・性格の悩み, 親・家族の悩み

Copyright© Kokoro Happy.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.