MENU

無料恋愛相談|恋愛の悩みを解消した4人の事例

  • 恋愛が成就しない
  • 恋愛をするのが怖い、避けてしまう
  • 好みでない人ばかり寄ってくる
  • DV、モラハラ男とばかり付き合ってしまう
  • 彼氏ができても不安で仕方なく依存や束縛をしてしまう
  • ダメンズの世話をしたり貢いでしまう
  • 不幸で苦しい恋愛ばかり
  • いつも浮気をされる
  • 復縁を願っているのに無視され続けている

恋愛が成就しない、不幸な恋愛をしてしまう原因は、あなたの内面(無意識)にあります。

原因を解消しないまま、占い、縁結び、秘術、恋愛ノウハウに頼っても意味がありません。

アドバイスやテクニックを実践できないか、かえって裏目に出てしまうからです。

例えば、彼氏への束縛がやめられないとします。

「彼氏を束縛するのを止めなさい」とアドバイスを受けても、束縛していないと不安で湧いてきて止めることができません。

束縛していないと不安になってしまう、内面にある心理的要因を解消することで、自然と束縛しなくても平気になり、幸せな恋愛ができるようになります。

目次

不幸な恋愛→幸せな恋愛ができるようになった4人の事例

いつも不幸な恋愛を繰り返していた状態から、幸せな恋愛ができるようになった4人の事例を見てみましょう。

異常なほど彼氏を束縛していつも振られていたAさんのケース

Aさんは彼氏ができるといつも異常なほど束縛してしまい、やめようと思ってもやめられませんでした。

常にLINEや電話で居場所を報告させ、報告がないと鬼電、LINE攻め、他の女性と出かけるのはもちろん、話すことも禁止していました。

それでケンカになったり、彼氏が浮気したり、別れを切り出されるということを繰り返していました。

占いなどで束縛をやめるようにアドバイスを受け、何度もやめようと思ったけど、束縛していないと不安で結局やめることができなかったそうです。

Aさんが彼氏を束縛せずにいられない原因は、彼女の幼少期にありました。

彼女は小さい頃、母親からとても可愛がられていました。

しばらくして妹が生まれました。

すると、母親は生まれたばかりの妹の世話をしなくてはならなくなり、Aさんにかまってあげられなくなりました。

小さい頃のAさんは、妹ばかりを可愛がっているお母さんを見て、「妹にお母さんを奪われた」とショックを受けてしまったのです。

大人になったAさんは、当時妹がまだ小さくてお母さんが付きっきりで世話をしていただけだということは頭では理解しています。

しかし、当時の勘違いで傷ついたままの幼少期のAさんが心の奥に残っていて、彼氏ができると「誰かに奪われてしまうのでは」と不安が湧いてきて、束縛せずにはいられなくなってしまうのです。

心理セラピーで無意識にアクセスし「お母さんはあなたのことを見捨てたのではなく、妹が小さくて世話をしなければならなかっただけなんだよ、見捨てられたわけじゃないんだよ」と教えてあげて、傷ついていたままの子供の頃の彼女を癒しました。

すると、Aさんは彼氏を束縛しなくても平気になり、ケンカもなくなり、彼氏もAさんといると居心地がよいので長続きするようになりました。

DV男ばかりと付き合っていたBさんのケース

Bさんは好きになって付き合う男性がいつもモラハラやDV男で、そのたびに別れていました。

その後結婚をするも、DV被害に遭い離婚してしまいました。

もちろん彼女は暴力や暴言は嫌で、好き好んで選んでいるわけではありません。

最初は優しくても付き合ってしばらくすると豹変するのだそうです。

彼女がDV男とばかりと縁ができてしまう原因は、幼少期の家庭環境にありました。

父親が母親に暴言や暴力を振るっており、Bさんはいつも怯えて暮らしていたそうです。

そしてBさんの無意識の中に「結婚(恋愛)とは男性が女性を暴力で支配するもの」という信じ込みが作られてしまっていたのです。

人間の脳は、信じ込みに合うように行動をします。

「結婚(恋愛)とは男性が女性を暴力で支配するもの」という信じ込み通りに、無意識に暴力を振るうような男性を好きになったり、そのような男性が「この女には暴力を振るって良い」と察知して寄ってきていたのです。

心理ワークとセラピーで、間違った信じ込みを解消し「恋愛や結婚とはお互いが対等な関係で支え合い、愛し合う関係」という信じ込みを入れました。

すると彼女は優しい男性と幸せな恋愛ができるようになりました。

好みでない苦手な人ばかりから言い寄られるCさんのケース

Cさんは、いつも好みでない人や苦手な人ばかりから言い寄られ、自分がいいなと思った人や好きになった人とは恋愛が成就しませんでした。

言い寄られた好みでない人と付き合ってみても、楽しくなくすぐに別れていました。

また、ストーカーの被害にあったり、変な人に絡まれるといったことも起こっていたそうです。

彼女は幼少期に親から存在を否定され、無視され、疎まれて育ちました。

また、学校で男子から容姿を馬鹿にされたり、仲間外れにされたりといった経験もしていました。

それで、無意識の中に

「自分は何の魅力も価値もない、ダメでみすぼらしい存在だ
だから自分には素敵な男性はふさわしくない」

という信じ込みが作られてしまっていました。

それが雰囲気やオーラとして醸し出されて、変な男性から「この女性なら落とせる、何をしても大丈夫」と察知されて、変な男性ばかり寄ってきてしまっていたのです。

心理ワークを用いて過去の自分を癒し

自分は何の魅力も価値もない、ダメでみすぼらしい存在だ
という信じ込みを解消して

無意識の中に、

そのままの自分で魅力と価値がある
そのままの自分で愛されて良い、という信じ込みを入れました。

そして、今の自分を肯定して愛するようになるワークを行いました。

すると、彼女は自分がいいなと思った人と対等にコミュニケーションを取ることができるようになり、自然と仲良くなって恋愛関係になることも出来るようになりました。

いつも彼氏に尽くしたり貢いでいたDさんのケース

Dさんはいつも彼氏に尽くしたり、貢いだり、何でも言いなりになっていました。

そんなDさんを利用するような、ろくに働かずダラダラしているような男性とばかりと付き合い、身の回りの世話をしたりお金を貢いだりしていました。

「もうこんな恋愛はやめたい」と思っていても止めることができません。

尽くさないと自分には存在価値がない、彼氏から見捨てられて愛情を失ってしまうという不安から、尽くすことが止められないのだそうです。

その原因は、彼女の幼少期の家庭環境にありました。 

彼女の母親は、幼少期からDさんに身の回りの世話をさせたり、愚痴の聞き役にさせ捌け口にしていて、Dさんは夫の文句や愚痴ばかり聞かされていました。

Dさんはいつも母親の世話をし、母親を慰めたり元気づけたりしていました。

母親の世話をすることで、愛情と居場所がもらえていました。

そして彼女は、無意識のうちに

誰かに尽くしていないと自分の存在価値はない
自分を犠牲にして尽くせば愛してもらえる
誰かに尽くすことで自分の居場所がもらえる

と信じ込んでしまっていました。

また、夫の愚痴を散々聞かされたことで「男はダメでだらしない」みたいな信念も入ってしまっていました。

それで、自分を犠牲にしてダメ男に尽くすことで「自分は愛されている、居場所がもらえている」と実感していたのです。

心理ワークとセラピーで、「人に尽くしていないと自分の存在価値はない」と言った間違った信じ込みを解消し

「あなたは誰かに尽くさなくても存在意義がある、ここにいていいんだよ、愛されていいんだよ、幸せになっていいんだよ」という信じ込みを無意識の中に入れました。

すると彼女はダメ男とはきっぱりと別れ、自立した男性と対等に恋愛ができるようになりました。

幸せな恋愛体質に変化する無料セッションの概要

幸せな恋愛を成就させるために次のようなセッションを、人数限定で無料で行なっています。

セッションでは次のようなことを行ないます。

ステップ1:幸せな恋愛を妨げている心の傷や信じ込みを洗い出す

質問を投げかけたり、キネシオロジー(無意識で何を信じているかをYes/Noで判定ができるテスト)で恋愛成就や幸せな恋愛を妨げている心の傷や信じ込みを洗い出します。

ステップ2:幸せな恋愛を妨げている心の傷や信じ込みを解消する

心理セッションやセラピーで、過去の体験により作られた

自分には価値がない
自分には魅力がない
どうせ見捨てられる、裏切られる
自分は幸せになってはいけない
自分は魅力的ではない
そのままの自分では誰からも愛されない

といった幸せな恋愛を妨げている信じ込みを解消します。

  • 過去の体験の記憶を無力化する
  • 心の傷を癒す
  • 未完了の抑圧された感情を解放する
  • 幼少期の満たされなかった感情を満たしてあげる

といったことを行うことで幸せな恋愛を妨げている信じ込みを解消していきます。

ステップ3:自己肯定感を養い、幸せな恋愛をしてよいと許可をする

恋愛が成就しない人や不幸な恋愛ばかりしてしまう人は、自己肯定感がかなり低くなってしまっています。

無意識に次のようなことを信じてしまっている人が多いです。

自分には価値がない
自分には魅力がない
どうせ見捨てられる、裏切られる
自分は幸せになってはいけない
自分は魅力的ではない
そのままの自分では誰からも愛されない

脳は無意識の信じ込みを体現しようとする働きがあるので、このような信じ込みがあると幸せな恋愛を妨げてしまいます。

ですので

自分はそのままで価値がある
自分はそのままで魅力がある
自分はそのままで愛されて良い
自分は幸せになって良い
自分は幸せで愛に満たされている

という信じ込みを無意識の中に入れて行きます。

すると、愛で満たされて、自信に満ち溢れ、本来の魅力が輝きだします。

いつも幸せな恋愛をしてキラキラと輝いている人がいますが、そのような人は無意識のうちに、「自分は魅力的で価値があり、愛されて幸せになって良い」という信念が養われているからです。

ステップ4:あなたの望む理想の恋愛像を明確にする

今まで恋愛と縁がなかったり不幸な恋愛をしていた人は、自分が本当はどのような恋愛を望んでいるのかが明確になっていません。

そうすると脳がどうしていいのかわからず、恋愛が成就しないままになってしまいます。

脳は自分がどのような人とどんな恋愛をしたいのかを明確にすると、それを実現させようとして働き出します。

あなたが思い描く理想の恋愛とは

どんな相手なのか
どのような恋愛をしたいのか
相手と一緒にどこに行ったり何をしたいのか
どんな感情や感覚を得たいのか

これらを明確にして、無意識の中にインプットしていくワークを行います。

無料恋愛相談ではこれらの1から4のステップをセッションとして行なっていくことで、幸せな恋愛体質になって行きます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる