MENU

自分が気持ち悪いと感じる原因と解消・克服する方法

今回は「自分は気持ち悪い」と感じてしまう原因と、そのような気持ちを解消する方法についてお伝えします。

僕自身も以前は「自分は気持ち悪い」と感じていて、自分を嫌い、責めていました。

でも今はすっかり解消されそんな気持ちが湧いてくることも自然となくなりました。

自分自身を気持ち悪いと感じてしまうことは、とても苦しいことです。
自分とは常に一緒にいなければならないのですから。

自分を嫌っていると、他人からも気持ち悪いと思われて嫌われているのではないかと感じて、避けてしまいます。

自分を気持ち悪いと感じてしまうのには原因があり、その原因を解消することで、自分を気持ち悪いと感じる気持ちも自然と解消されていきます。

自分を受け入れて、好きになることができるようになります。

目次

自分を気持ち悪いと感じてしまう原因

なぜ自分自身を気持ち悪いと感じてしまうのでしょうか。

あなたが生まれたばかりの赤ちゃんの頃はそのように感じていなかったはずです。

その後の人生経験の中で、「自分は気持ち悪い」と思い込んでしまっている、思い込まされてしまっているということです。

  • 親からいつも否定された、できないと怒られた
  • 役立たず扱いをされた
  • 暴力や暴言や虐待などを受けた
  • 人から嫌われたり、無視されたり、見捨てられた、蔑まれた
  • 人から容姿や言動を馬鹿にされた
  • 容姿、性格、能力などのコンプレックス

このような体験から、自分はダメで存在価値のない人間だと信じるようになり、そんな自分を嫌い、気持ち悪いと感じるようになってしまったのです。

そして、追い打ちをかけるように、自分で「お前は本当に気持ち悪い奴だな」と毎日心の中で繰り返すことで、ますます自分のことが嫌いになってしまいます。

脳は信じて受け入れたとおりに振舞ったり体現しようとします。

「自分は気持ち悪い」と信じていると、脳がそれを命令と受け取ってますます自分を嫌い、気持ち悪いと感じるような言動や振る舞いをしてしまいます。

  • 気持ち悪いと感じるような言動をしてしまう
  • 失敗やミスや挫折をする
  • 他人からも気持ち悪いと思われていると感じて避けてしまう
  • 他人の好意を受け取れない
  • 人前で嫌われないかと挙動不審になり避けられてしまう
  • 他人の些細な言動を否定的に受け取ってしまう
  • 幸せになることを避ける、壊す
  • 変わろうと思っても挫折して変われない

ということが起こってしまいます。

そしてますます自分を嫌って気持ち悪いと感じてしまうというマイナスのループに入ってしまいます。 

あなたの無意識の中に、過去の体験や他人に言われたことや自分自身で自分を罵倒してきたためネガティブなデータがたくさん溜まってしまっています。

脳にネガティブなデータがたくさん記録されているため、再生されるものもネガティブになってしまうのです。

ネガティブな情報データを消去したり、ポジティブなものに書き換えることで再生されるものもポジティブになってきます

もしあなたが

  • 自分は気持ち悪いと感じて苦しい
  • 気持ち悪い自分は嫌われるのではないかと人を避けてしまう
  • 他人の好意を否定してしまう
  • 他人から避けられたり、嫌われたり、否定されることが多い
  • 人生うまくいかない、嫌なことや失敗や挫折ばかり

これらを解消したいのでしたら、今からでも遅くありません。

これから解説するワークで自分を気持ち悪いと感じてしまう原因を解消して、少しずつプラスの方向に歯車を回し始めることで、自分を肯定することができるようになっていきます。

無意識にポジティブなプログラムが記録されれば、脳がそれを実行して、人生の様々なことがうまくいくようになってきます。 

「自分は気持ち悪い」と感じるのを解消するワーク

「自分は気持ち悪い」と感じる、裏にある信じ込みを洗い出す

なぜ自分は気持ち悪いと感じてしまうのか、その裏側にある信じ込みを洗い出します。

次の質問に答えてください。

質問1.あなたは、なぜ自分を気持ち悪いと感じるのでしょうか?気持ち悪いと感じる理由を書き出してください。


質問2.なぜ質問1で書き出した内容に対して気持ち悪いと感じるのでしょうか。


質問3.あなたはいつ頃から、質問1と2で書き出したことを感じていましたか?また、何がきっかけでそのように感じるようになりましたか?


質問4.自分自身に対して思っていることを全て書き出してください。能力、性格、容姿、環境、仕事、経歴、生い立ち、現在や過去の言動、自分の存在などで自分に対して感じることや思うことを全て書き出してください。


質問5.質問4で書き出した内容に対して、いつ頃からどんなことがきっかけでそのように思うようになったのかを書き出してください。

「自分は気持ち悪い」と感じていることを受け入れる

「自分は気持ち悪い」と感じてしまっていることを認め受け入れて自覚します。

先ほどの質問に答えた内容を見てください。

そして「なるほど、自分は自分自身をこのように思っていたのか、過去のこんな体験がきっかけでこう思うようになってしまったのか」というように、第三者視点から客観的に淡々と受け入れてみてください。

自覚することで信じ込みは外れやすくなります。

否定的な信じ込みを解消するワーク

自分は気持ち悪いという思い込みは、多くが過去の体験の記憶に紐付いています。

親にやることなすこと否定された
学校で容姿をバカにされた

自分にはそういう記憶があるから、自分はだめで人より劣っているのだと信じてしまっているのです。

赤ちゃんの時はそういったコンプレックスはなかったはずで、その後の体験により作られた思い込みから来ているからです。

過去に他人から言われたことなどから、自分はダメなんだと暗示がかかってしまっているということです。

心理ワークで、記憶を無力化したり、記憶に対する意味づけの変更をしたり過去の傷ついた自分を癒すということを行っていくことで、否定的な信じ込みが解消されていきます。

無意識のデータが

自分はダメで存在価値がない → そのままの自分で価値がある

というように書き換わっていくと、自然と自分を嫌悪したり気持ち悪いと感じるような気持ちが解消されていきます。

記憶を処置して否定的な信じ込みを解消するワークはこちらの記事を参考に実践してください。

今の自分の気持ちや感情を認めてあげる

自分を嫌い気持ち悪いと感じてしまっている人は、自己否定や劣等感が強くなってしまっています。

少しずつ今の自分を認め受け入れていくことを行っていきましょう。

いきなり「自分を好きになりましょう」と言ってもそれは無理な話です。

ですので、まずは自分を嫌って否定してしまう自分自身の気持ちを受け入れてあげましょう。

自分はダメでクズでどうしようもない人間だ
自分は何の価値も魅力もない
自分は誰からも認められないし愛されていない
そんな自分が気持ち悪い

と感じてしまう自分は駄目だと責めたり否定してしまいがちです。

「今まであんなことがあったんだから自分を嫌ってしまうのも仕方がないよ」

と、自分を嫌って気持ち悪いと感じてしまう気持ちを認めて受け入れてあげてください。

「自分を気持ち悪いと感じてしまう自分はダメだ」と責めてしまっても、責めてしまう自分も「責めてしまうのも仕方ないよ」と受け入れてあげましょう。

どんな自分でも受け入れてあげることで、少しずつ今の自分を受け入れられるようになりポジティブな方向に変化して行きます。

どうしても否定的な気持ちが湧いてきてしまう場合

どうしても自分を否定したり嫌ったり気持ち悪いという感情が湧き上がってきて抑えられない場合はそれを吐き出して解消してしまいましょう。

紙と鉛筆を用意してください。

湧き上がってくる思いや感情をそのまま言葉にするように紙に書きなぐってください。

どうせ私はダメで価値がない何の取り柄もないクズだ、気持ち悪い
どうして自分はこんなにブサイクなんだ、気持ち悪い

このように自分が感じていることを感情とともに紙に書きなぐってください。

感情はきちんと感じて表現することでエネルギーが消化されてスーッと消えて行きます。

自分からあまり感情を込めるのではなくたまっているものを吐き出すような感覚で行なってください。

紙に書きなぐっているとエネルギーが消化されてどんどん感情が治まってきます。

もう書く意欲がなくなって治ってきたら終了してください。

書いた紙は水に濡らしてビリビリにして読めないようにして捨ててください。

紙に書きなぐるということは一番簡単に出来て感情を消化するのに効果的な方法です。

また、自己否定や不快な感情が湧きあがってきたらセドナメソッドで手放すのも効果的です。

自己受容と自己肯定感を養う

自分を気持ち悪いと感じてしまう人は、自己否定や劣等感がとても強い状態になってしまっています。

自己否定とは、脳の中に「自分は○○だからダメだ」と言った否定的な信じ込みが記録されてしまっているところから来ています。 

○○な自分には価値がない → 今の自分でも価値がある

というように無意識の中のデータを置き換えて行きます。

日々の日常の中で出来る範囲で意識的に、自己受容をして自己肯定感を養って行きます。

泥水の入ったコップに一滴ずつきれいな水を入れて行くように、少しずつ自己肯定感を養って行きます。

無意識の中に自己肯定感が定着してくると、自信や安心感で満たされるようになります。

自分は価値がある、素晴らしい、自分は幸せになって良いと思えるようになります。

そうすると今度は脳がそれを命令と受け取って実行するので、人間関係や人生の物事がうまくいくようになり、ますます自分は素晴らしい価値がある幸せだと感じるような人生が展開していくようになります。 

自己受容と自己肯定感を養うワークのやり方はこちらの記事を参考に実践してください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる