心・性格の悩み

ありのままの自分を受け入れて好きになる方法

今回はありのままの自分を受け入れて好きになる方法についてお伝えします。

ありのままの自分を嫌い、受け入れていないことで起こること

自己否定や劣等感による苦しみや満たされない気持ちに苛まれる
他人から本当の自分では認めてもらえないと感じてしまう
無理に理想の自分を演じて疲れたり、本当の自分とのギャップに苦しむ
無理にいい人になったり、他人の言いなりになってしまう
作った自分をやめたら人が去っていくという恐怖に怯える
「自分を認めて」と他人に要求してしまう
理想の自分を作ってアピールするようになる
他人がありのままのあなたを認めてくれない
他人に寛容になれない

ありのままの自分を認めて受け入れることで起こること

自信が湧いてきて満たされる
他人に本当の自分を見せたり、自然体で接することができる
他人に認めてほしいという欲求がなくなる
本音を言ったり他人に心を開けるようになる
他人がありのままの自分を受け入れてくれるようになる
他人に対して寛容になれる
心から自分がやりたいことやや好きなことをできるようになる

ありのままの自分を認めずに努力して変わろうとすると逆効果

「こんな自分は嫌だ」「自分のこんなところは認めたくない」という思いを強く握りしめながら努力して変わろうとすると、なかなか効果が出ないばかりか逆効果になってしまうことがあります。

例えば、「大人しい自分を認めたくない」と思っているということは「自分は大人しい人間である」と固く信じていることになります。

「自分は大人しい人間である」強いブレーキをかけたまま「大人しい自分など認めない」と努力して積極的になろうとするのは、ブレーキとアクセルを同時に踏むようなものです。

だからうまくいかなくて元に戻ってしまったり、本音と行動にギャップが生じるので葛藤や苦しみが発生してしまうのです。

一旦自分がそのように思っていることやを認めると信じ込みは緩くなります。

嫌だから変えたい、避けたいという気持ちから行動や努力をするのと
一旦そんな自分を認めて受け入れて、本当はこうなりたいと思って行動や努力をするのでは
脳の反応や現実に現れる結果が全く違ってきます。

もちろんコンプレックスを解消しようとして一生懸命努力してそれが実ることもありますが、あなたはこれまでにそのような努力で自分を変えることができましたでしょうか?

多くの人が無意識の信じ込みの習慣に負けて元の自分に戻ってしまいます。

ありのままの自分を認めて受け入れることによる自分の変化

満たされている感覚になる
自信が湧いてくる
喜びや安心感につつまれる
本当の自分や自然体で人と接することができるようになる
他人がそのままの自分で許してくれたり認めてくれるようになる
心から自分がこうなりたい、これをやりたいという事に向けて行動ができるようになる

人間の脳(潜在意識)は自分が信じて受け入れたことを人生の中に引き寄せようとする働きがあります。 自分自身を肯定していると、無意識に自分を肯定している人として立ち振るい、自分自身が自分が肯定されていると感じるような現実が呼び寄せられます。

人間は脳のミラーニューロンという部位で相手のセルフイメージを察知してそれに同調してしまいやすいという能力が特徴があります。

あなたがありのままの自分を好きになって認めて受け入れていると、他人がありのままのあなたを好きになって認めて受け入れてくれることが多くなります。

ありのままの自分でいいの御幣と誤解

自分ありのままの自分でいいという考え方がはやったことがありましたが

ありのままの自分でいいじゃないかと開き直りのように勘違いしてしまっている人も多いです。

ありのままの自分を認めて受け入れるのと、 ありのままの自分でいいじゃないかと開き直るのは全く違います。

ありのままの自分でいいと認めたら進化成長しなくなってしまうじゃないか
努力しなくなってしまうじゃないか
ありのままの自分なら他人に迷惑かけたり酷いことをしてもいいのか

自己否定の信念で、自分の可能性を狭めたり、自分を苦しめるのはやめましょうということです。

そのままの自分を受け入れて認められている人は、 他人にも寛容になれ、他人に意図的に酷いことはしないものです。

基本的に意図的に他人にひどいことをする人は、 ありのままの自分なのではなく、ありのままの自分を認めていないから、他人にひどいことをしたり他人を認められずに寛容になれないのです。

自分自身や人生を嫌って認めず不満、我慢、劣等感があるから、他人に意地悪をしてストレスを解消するということをしてしまうのです。
ありのままの自分を認めて受け入れられることで、自信がついて心が満たされるようになります。

自分のここは駄目だ、嫌いだと言う否定的な信念を持ちながら、それを嫌だから変えたい、避けたいという気持ちで行動するとそれがブレーキとなって様々な苦しみが生じたりうまくいきにくくなります。

一旦現時点でのありのままの自分や自分を認めて受け入れて、抵抗なくした状態で心から自分はこうなりたい、 心からの欲求に従って行動することで、良い方向に自分を自分や人生を変えていくことができます。

ありのままの自分を受け入れられない、好きになれない原因

あなたがありのままの自分を受け入れることができず好きになれないのは、過去の体験により持ってしまった信じ込みに原因があります。

人間は何かを体験してそこにネガティブな意味づけをすると、不快な否定的な感情が湧いてきます。それにより何かの信じ込み思ってしまいます。

例えば、小さい頃に親から「どうしてそんなこともできないのあなたは本当にダメね!」と言われたとします。

自分は否定された、自分はダメな人間なのだ、そんな自分は価値がないのだ

このようにに受け取ったとすると劣等感や苦痛の感情が湧き上がってきます。

ダメな人間ではいけない、できる人にならないと他人から拒絶される
ダメな自分を受け入れず嫌いになり、恐怖心から無理をしてても できる人になろうと頑張ります。

大人になってもこの信じ込めよ何も解消せずにそのままでにしておくと、 自分を認めて好きになることができず、本当の自分を隠して無理をして偽りの自分を 演じ続けることになってしまうのです。

このような過去の体験により作られた信じ込みを大人になっても解消せずに持ち続けていることがあなたが自分を認められず好きになれない原因です。

実際に他人から指定されなくても、学校や社会でこれが良くてこれはダメという価値観や
他人と比較することでこのような信じ込みが作られます。

自分は価値がない
自分はダメな人間だ
自分は誰からも愛されない

自分はおとなしい
自分は怠け者だ
自分は容姿が良くない

自分のこんなところは嫌だ
自分のこんなところはだめだ
自分のこんなところが嫌い
自分のこんなところは認めたくない
こんな自分でいてはいけない

このような信じ込みを持ち続けていることを

これは単なる過去の体験から持ってしまっている信じ込みでありこれを手放して解放することでそのままの自分を受け入れて好きになることができるようになってきます。

親や学校や社会などで体験したり、見聞きしたことをそのまま自分のこととして信じて受け入れてしまっているのです。

心理ワークを用いてこれらの信念を解消していくことで、 自分のことを認めて受け入れられるようになってきます。

その上で本当に自分がなりたい状態を明確にしてそれに向かって少しずつで 自分のペースで行動して行きます。
心理ブレーキが外れているのでスムーズに変化が起こりやすくなります。

ありのままの自分を受け入れて好きになるためのワーク

自己否定の原因となってしまっている信じ込みを洗い出す

あなたが自分を否定して受け入れることができない状態になってしまっている新年

自分はこういう人間だ
自分には価値がない

そんな自分ではいけないことだ

というような信じ込みを特定して会場して行きます。

次の質問に答えてください。

質問 あなたは自分のどんなところが嫌いで、 認めることができないでしょうか
容姿、能力、性格、経歴、過去など どんな自分が嫌いで認めることができないでしょうか大書出してください。

質問質問1で書き出したような自分についてどう思いますか?
情けない、恥ずかしい、価値がない、誰からも

質問 質問1で書き出した答えに対して、なぜそれが嫌いで認めることができないのでしょうか? その理由を書き出してください。

質問 自分の嫌いなところや認めたくないという重いから何か行動していることはありますか?変えようとする、隠そうとする、偽る、違う自分を演じる、ふりをする、逃げる、避ける、など何かしていることがあったら何をしているのかを具体的に書き出してください。

質問過去に自分が否定されたり拒否されたり受け入れてもらえなかったと強く感じた体験についた意見があれば、いつ誰に何をされたのかなど具体的に書き出してください。

質問質問で書き出した内容をことを経験し体験した自分自身はどのように思いますか? どのような人間だからだと思いますか?

質問あなたの両親はあなたのことをあなたのありのままを認めて受け入れて好きで愛してくれていたと思いますか? そうでないと思いとはなぜそう思うのか何をされて何を言われたからそう感じるのかを具体的に書き出してください。

質問 あなたの親はそのままの自分を受け入れて好きだったと思いますか好きだと思いますか? それとも嫌って認めたくないと思っていたと思いますか?
はいと答えた人は親は親自身の認めたくな嫌って認めたくないと思っていたと思いますか?

自分の嫌っている部分や受け入れ認めたくない部分があることを 認めて受け入れる

先ほどの質問に答えた回答をみてください。

質問に回答したことで自分がなぜどんなところを嫌っていて認めたくないのかということが明確になってきたと思います。

書き出した答えを見ながら、なるほど、今まで自分は
自分はこのような自分をこのような人間だと思っていたのだ
自分のこんなところを だめだと嫌って認めようとしていなかったのだ

抵抗したりこれは良いとか悪いとか価値判断は挟まずに
もう一人の自分が上から眺めるように第三者視点で淡々と自覚してください。

抵抗するのはやめて近くをして認める認めて自覚するとそれは新年は外れやすくなり帰るか安くなります。

今までまるまるだったのだとするのは、あなたの脳に今まではそう思っていたけど今は違うというように認識させるためです。

だからもうそれは違うと認識されて新年が外れやすくなります。

どうなりたいのかを明確にして書き出す

今の自分を認めてその自分を活かしながら生きていくか
今の自分は今の自分もそれでもいいけどでももっとこういうことがしたいから自分を変えていきたい
こんな自分に変化してこんなことをしたい

と思うことを明確にして書き出してみてください。
今まで自己否定が強かった人はなかなか明確に入ってないかもしれませんが現時点ではそれで構いません。

注意点としては、何かの恐れや不安や恐怖を逃れるため
人から認められたい愛してほしい評価されたいと言った何かの不足を埋めるため
まるまるになりたいとてまるまるが欲しいという表現

以上のことは避けるようにしてください。

なぜかというと人間の脳は意識して信じていることを減少化しようとするので
何かの恐れや不安を避けるために何かをすると不安や恐れを感じる出来事を呼び寄せてしまうからです。
努力してそれを得たとしてもそれがなくなったらという恐怖や不安に苛まれることになります。
まるまるになりたいという表現を避けるのは、 まるまるになりたいというのは今はそれではありませんと信じていることになるので脳はそれを命令と受け取ってなっていない状態を呼び寄せ音するからです。

心から自分がこうなったらこれをやりたいという欲求や
こうなったらもっと自分や人生が自分の人生が豊かになる
自分を通して人に喜ばれたり一緒に楽しみを分かち合いたい
このようなポジティブな理由からどうなりたいのかを書き出してください。

まるまるですまるまるになりましたという過去形現在形過去形で書き出してください。

心理学を用いて自己否定の信じ込みを作った記憶を処置して信念を解消する

記憶の内容の変更記憶をや体験をやり直す
記憶に対する意味付けの変更
体験に体験から学びや気づきを得て昇華させる
記憶を無力化する影響力をなくす

そうすると 自分はダメだ東店自分はダメだから人から否定される
そんな自分には価値がない

といった自分を認めることができない信じ込みが外れてありのままの自分を認めることに心理的な抵抗やブレーキが弱くなったり外れるので 当店自分を認めて受け入れることが できるようになってきます。

具体的な真理ワークのやり方はこちらのタイムラインセラピーの記事を参考にして行なってください。

自己肯定の信念を養いありのままの自分を受け入れる

自分を受け入れられない原因の自己否定の信念を 外しながら合わせて自己肯定感を養って自分を受け入れていくということを行います。

自分は価値がない そのままの自分で価値がある

今まではずっと人によっては何十年も自己否定思ったまま生きてきたと思いますのでその習慣は習慣になっていて変化させるのにはゆっくり時間がかかることもあります。

日々の生活の中で無理無理無理なく自己肯定をすることができるワークを数々シャークの数々を紹介しますのでそちらを参考にしながら自分のペースで無理をしない範囲で行なってください。

日々自己肯定感を養って自分を認めて好きになるためのマークはワークはこちらの記事を参考に実践してください。

-心・性格の悩み

Copyright© Kokoro Happy.com , 2021 All Rights Reserved.